四万十赤しょうが

分類

しょうが・にんにく ,チカラある野菜
  • チカラある

特徴

日本最後の清流、四万十川。この碧く澄んだ水が赤しょうがを育みます。
栽培する水によって品質が左右されるしょうが。人里離れたこの山奥で栽培するからこそ、上質なしょうがを作れる環境が揃っています。
最適な環境を生かした栽培。そして貯蔵。しょうがの貯蔵は14~15度が良いとされています。
撒きストーブで温度を上げすぎず、下げすぎず、薪を一つ一つ焚いて調整する手間を惜しまず、四万十赤しょうがは生まれています。
容姿は鮮やかな赤。別名、金時。 味は通常のしょうがの10倍辛いと言われる鮮烈なもの。この尖った味は最適なレシピを選べば至極のしょうがに変わります。