沖縄の海が育てた塩セロリ

分類

モロヘイヤ・チンゲン菜・セロリ ,チカラある野菜
  • チカラある

特徴

沖縄の海岸近くの「ジャーガル」と呼ばれるミネラル分豊富な土壌で栽培したセロリは、冬の寒風にさらされる事で無機質濃度を上昇させ、1月中旬以降になると自然な塩味が効いてきいてきます。
寒さと土壌の中に閉じ込められた「海」が作り出した塩味のセロリ。そのままかじるだけでドレッシングや塩を使わなくても、自身の塩分が甘さを引き立て、セロリのすばらしい香りとともにお楽しみいただけます。

食べ方のヒント

サラダ、ポトフなどの定番料理で セロリ、ツナ、卵で作るチャンプルーもオススメです