らでぃっしゅぼーやは、
事業を通じてSDGsに
貢献できると考えています。

2030年に向けて世界が合意した
「持続可能な開発目標」

日々の食卓は
世界とつながっている

未来のために、私たちができる
SDGs(エスディージーズ)

「SDGs」という言葉を耳にする機会が増えてきました。
「持続可能な開発」や「貧困」「気候変動」などと聞くと、
国や企業がやるべきことのように感じてしまいますが、それは違います。
SDGsは、地球に住むあらゆる人々がともに取り組み、達成すべきゴール。
個人でもできることはたくさんあります。
らでぃっしゅぼーやが、会員さまとともにできるSDGsをご紹介します。

SDGs
「持続可能な開発目標」

今、世界は「貧困」や「教育」、「気候変動」、「格差」など多くの課題に直面しています。
こうした地球規模の問題に立ち向かうため、2015年9月に国連で採択されたのが 「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals = SDGs)」。2030年までに達成すべき世界共通の目標として、下記の17分野・169のターゲットを設定しています。
「誰も置き去りにしない」という基本理念のもと、行政、教育機関、企業、市民社会、学生団体など、さまざまな立場の人々が、それぞれ貢献できる分野で取り組みを始めています。

SDGs 世界を変えるための
17の目標

農産品

らでぃっしゅぼーやがお届けする農産物は、おいしさと安全性を大切にしてきました。また、そうした農産物を通じて健康的な生活を提供することが理念でもあり、今後も、それは変わることがありません。そして、さらに追求しているのが、持続可能な農業の推進です。

畜産品

らでぃっしゅぼーやでは、より自然に近い畜産品を届けたいと考え、産地を選び抜き、できるだけ家畜の行動を制限しない平飼いや放牧による飼育技術を生産者とともに確立してきました。これからも昔と同じように、心からの「いただきます」を言える精神を大切に。

水産品

らでぃっしゅぼーやでは、国内で水揚げされた天然ものを第一に扱います。そして、養殖や輸入ものを利用する際には、安全や資源管理、環境への影響に配慮した漁業によるものを優先しています。また、国内もの・輸入ものを問わず、持続可能な漁業による水産品を優先して取り扱います。

加工品

加工品は、生鮮食品に比べて、誰がどんな材料で作っているのか、とてもわかりづらいもの。きちんと原材料の原料まで確認できる商品だけを取り扱っていくため、できる限り生産の現場に足を運び、私たちの商品作りに対する姿勢を伝えています。作り手の理解と協力ある、確かな品質の加工品をお届けしています。

eco design goods

「人間のことだけでなく環境も、今だけでなく未来も」。
らでぃっしゅぼーやでは、このような価値観や行動に応えることができる日用品やサービスも提供しています。
「安全性・環境負荷の低減・使い勝手のよさ」を追求することで、長期使用に耐えられる質のよさと、いつまでも手放したくない、愛着を感じられる商品の提供を目指します。

フェアトレード

らでぃっしゅぼーやがフェアトレードに取り組み始めたのは1990年のこと。徐々に商品数を増やし、今では食品、衣料品、雑貨まで多彩な商品を扱うようになりました。フェアトレード商品は、買うことで遠くに住む誰かの暮らしを応援することができる商品です。らでぃっしゅぼーやは、フェアトレードを通じて、世界へ支援の輪を広げます。

らでぃっしゅぼーやから届く
「商品の向こう側」に
思いをめぐらせて

らでぃっしゅぼーやの会員で、環境・開発コンサルタントとして活躍する梅原由美子さんにお話をうかがいました。

――「SDGs」は対象範囲が広すぎて、ちょっと難しく感じます。私たちにはどう関わってくるのでしょうか?

「持続可能な開発」といわれても、なかなか身近には感じにくいですよね。少しわかりやすく言うと、「現在の世代も将来の世代も、物質的に必要な物が満たされ、精神的な豊かさを享受できる社会をつくること」だと思います。

国連はこれまで、主に途上国の「貧困」や「教育」といった課題に取り組んできましたが、まだまだ解決には至っていません。加えて最近は「資源の枯渇」や「気候変動」といった地球規模の問題も深刻化しています。今の社会は、持続可能な社会ではないのです。そして、すべての問題は「経済」と密接につながっています。政府だけでなく、経済の主体である企業や消費者が全員参加して、各自ができることを始めないと、問題は解決できません。特に気候変動は待ったなしです。

そこで、持続可能な社会に向けて私たちが取り組むべき課題を網羅するフレームワークを作ったのがSDGsです。17のマークは、いわば世界の共通言語。言葉は通じなくても、「この取り組みは3と10です」と言えば、どの国のどの人でも「ああ、あれね」と理解できる。そこが画期的だと思います。

――日本に暮らす私たちも、17のテーマに深く関わっているのですね。

17のテーマに無関係な人間なんて、一人もいません。たとえば、6の「安全な水とトイレを世界中に」は一見、日本人には関係なさそうですよね。でも、水が枯渇している海外の地域で育てた家畜の肉を輸入して食べれば、現地の水を大量に消費しているのと同じこと。私たちが消費するモノやサービスは、原料の生産や加工、輸送といったライフサイクルの中でたくさんの水を消費しています。手元に届いたものの向こう側を見てみると、私たちの暮らしが世界に影響を与えているということが実はたくさんあるのです。

――らでぃっしゅぼーやの肝は、その「向こう側」を確かめて、商品を選んでいるところなんです。

そうですね。一つひとつの商品の来歴を個人的に調べるのはとても大変です。私がらでぃっしゅぼーやと出会ったのは、娘が3歳のときだから、もう18年前です。娘にアトピー症状が出て、食品や洗剤などに気を付けるようになったのですが、働きながらの子育てはとにかく忙しくて、安心して使えるものを探したくてもその時間がない。当時はオーガニックのお店も少なくて困っていたとき、らでぃっしゅぼーやを紹介していただきました。
安全性や来歴が一定の基準で検証された商品だけを扱っているという安心感は本当にありがたかったですね。それに、届いた牛乳やお野菜はびっくりするほどおいしかった。自分だけでは探し出せない良品と出会えるなんて、すばらしいと思いました。

――らでぃっしゅぼーやの仕事は、SDGsに当てはまるものがたくさんありそうですね。

SDGsなどといわれる前から、らでぃっしゅぼーやは一貫して、持続可能な農業や漁業を行う生産者さんと私たち会員とをつなぎ、環境への負荷が少ない商品の流通に貢献してきました。これは12の「つくる責任、つかう責任」に加え「届ける責任」も果たしてきたのだと思います。その象徴が「ぱれっと」ですよね。
全国固有の野菜を届ける「いと愛づらし野菜」は、15が意味する〝生物多様性の維持〟にあたるでしょう。また、エビやバナナなどのフェアトレードも、産地である途上国の環境資源を守り、不平等の解消や食の安全性、生産者の健康被害や格差の解消など、多くのことに関わっています。私たち会員は、らでぃっしゅぼーやから購入することで、知らず知らずのうちにさまざまなSDGsの課題解決に参加しているのです。
天然醸造のお味噌でもいいし、循環型農業を行っている生産者さんのお米、MSCラベルのある魚でもいい。お気に入りの商品の「向こう側」に興味を持ってみてください。そして、それを家庭の食卓や職場で話題にのぼらせてみましょう。そんな小さな気づきの広がりが、世界を変えていくのではないでしょうか。