会員さま、生産者と
ともにつくる循環型社会

家庭で出た生ゴミを
乾燥加工して畑へ

エコキッチン
倶楽部

らでぃっしゅぼーやでは、2001年から生ゴミを循環させるシステム「エコキッチン倶楽部」の取り組みを行っています。これは、会員さまに購入していただいた専用の乾燥機で処理した生ゴミを回収し、有機肥料や堆肥に加工して契約生産者の畑に戻し、それによって栽培された農産物が再び会員さまの元に届くというシステムです。

家庭から出る食品系のゴミの量は年間832万トンにもなります。そのうちの776万トンは、焼却・埋め立て処分をされています。「食品リサイクル法」によって規制のある事業系の食品廃棄物に比べ、何の制約もない家庭のゴミは減量化やリサイクルがなかなか進まないのが現状です。

しかも、野菜くずなど、キッチンから出る生ゴミは、重量の約8割が水分だともいわれています。腐敗して悪臭を放ったり、コバエが発生したりするだけではありません。ゴミの重量が水分によって増えることで運搬の際にゴミ収集車はガソリンをたくさん使います。さらに、焼却炉では湿ったゴミを燃やすためにより多くの燃料が必要となります。生ゴミを乾燥させて畑に戻せば、CO2排出量も大きく削減できることになります。

作る人、届ける人、食べる人で実現した小さな循環型社会も持続可能な社会への一歩です。

生ゴミを減量して生産者の畑に戻す
「エコキッチン倶楽部」のシステム

「パリパリキューブ」という専用の生ゴミ乾燥機を購入。
パリパリに乾燥させた生ゴミは、らでぃっしゅクルーが回収します。
それを、有機肥料や堆肥に加工して、生産者の畑で使っていただきます。
おいしい野菜が育つと、ふたたび会員さまの元へお届けします。

生ゴミ減量乾燥機
パリパリキューブ
ライトを
購入して参加

生ゴミを1/5に減量

乾燥前
乾燥後

生ゴミの水分を温風で乾燥させて約1/5に減量します。活性炭フィルターにより、しっかり脱臭してくれるので、においも気になりません。