毎日使うものだから
とことんこだわってセレクト

肌にやさしく生分解性の
高い原料から作る

洗濯用
洗浄剤

一般的な洗濯洗剤は、洗浄力の強さ、洗い上がりの白さ、香り、経済性を競い合っています。かつては洗濯排水が水質汚染の大きな問題となったり、皮膚への刺激などが指摘されてきました。そのような問題は、技術の進歩によって徐々に改善されていますがまだまだ解決には至りません。

らでぃっしゅぼーやでは、肌へのやさしさと環境への配慮から、石油などを原料とする合成界面活性剤*1を使用しないこと、生分解性*2が十分であること、合成着色料や蛍光増白剤*3は使わないことなどを基準としています。しかし、合成洗剤に比べると環境や肌にやさしいといえる石けんでも、その原料のパーム油を作るために熱帯雨林が破壊されています。こうした問題にも目を向け、環境や社会に配慮して生産されたパーム油を使用した商品を取り扱うなど、原料にも配慮しています。

洗浄力に遜色がなく、肌が敏感な方たちも安心して使い続けられることに加え、環境に配慮したものであることを重視。その上で、経済性や使い勝手、香りなど、お使いいただく方の好みに合わせて選んでいただけるような洗濯用洗浄剤を提案しています。

  • *1合成界面活性剤…水と油のように混ざり合わないものの表面に作用して、混ざり合うようにするのが界面活性剤。植物などの天然原料で作られた界面活性剤に対し、石油を原料にしたものを合成界面活性剤という。
  • *2生分解性…界面活性剤などの有機物が、バクテリアによって水と二酸化炭素に分解され、自然界でどのぐらい無害化されるかの度合い。
  • *3蛍光増白剤…太陽の紫外線を吸収して光を放つことで見た目を白くする染料の一種。皮膚への刺激や環境への影響など、まだ解明されていない部分がある。

植物由来の界面活性剤使用
らでぃっしゅぼーやの洗濯洗剤

  1. ソネット・ナチュラルウォッシュリキッド

    菜種油石けんを主成分とした100%天然原料で、排水後、微生物により完全に分解。植物から得られる天然エッセンシャルオイル配合でさわやかな香り。

  2. ハッピーエレファント洗たくパウダー

    洗剤原料のパームヤシの生産地ボルネオ島は、熱帯雨林伐採で動植物絶滅の危機に。本品は売上の1%がボルネオの環境保全に使われます。

  3. アルマウィン
    ランドリーリキッド クリナッツ

    天然の界面活性効果があるサポニンを多く含むソープナッツが原料。繊維をやわらかく洗い上げる力があり、小麦プロテインが繊維をやさしく守り、やわらかな洗い上がりに。

  4. おとなのふわっしゅ

    主原料はミネラル水、界面活性剤には大豆レシチン、抗菌・消臭剤には青森ヒバエキスなど、万が一口に入っても害がない成分を使用。ふんわりやわらかな仕上がりに。

  5. 洗濯液体洗剤「海へ…」

    海洋タンカー事故処理の研究から誕生。100%植物由来の界面活性剤を微粒子化することで水30Lに洗剤5mlという少量でしっかり洗浄。

洗濯用洗剤のご購入はこちら