らでぃっしゅぼーやについて

豊かな未来へと
つなげるために

らでぃっしゅぼーやの「らでぃっしゅ」は二十日大根のこと。
荒れ地でもよく育つ強い生命力を持った野菜で、
ものごとの根源を意味するラテン語「RADIX(ラディックス)」が語源です。
そして「ぼーや」は子どもたち、次世代を意味しています。
この名前には、人間や動植物の命、自然環境、文化など、ものごとの根源となるものを
さらにいいかたちで未来へつなげていきたいという願いが込められています。

創業以来、その願いを基本として商品をお届けしてきました。
それは、単に有機栽培や農薬不使用の農産物、
無添加の加工品であればよいということではありません。
たとえば、ライフスタイルが多様化するなかでも、
それぞれのスタイルで心地よく暮らしていけること。
あるいは、幼いころから食べてきたおにぎりやお味噌汁のように、
受け継いできた味を当たり前に作って食卓にのせられること。
そういった日々の積み重ねが、今を健やかに生きることであり、
豊かな未来を紡ぎ出していくことだと考えています。
らでぃっしゅぼーやでは、その一助となる商品をこれからも提案してまいります。

2030年に向けて世界が合意した
「持続可能な開発目標」
らでぃっしゅぼーやは、事業を通じてSDGsに貢献できると考えています。
らでぃっしゅぼーやが取り組むSDGs