商品一覧



特別カテゴリ

カテゴリ一覧

閉じる

お知らせ

カテゴリー

年アーカイブ



お知らせ(Radish information)3月1週

2017.03.06(月)



いつも、らでぃっしゅぼーやをご利用いただきまして、ありがとうございます。

◆「バランゴン・バナナ1kg」 の規格変更(減量)について◆
フィリピンでは1月~2月の強い季節風と1月の低温の影響でバナナの収量が減少しています。このため、3月3週~4月4週のお届けに関して、通常1kgの量目を700gに減量してお届けいたします。カタログ掲載は1kgとなっておりますが、規格変更してのお届けになることをご了承ください。なお、規格を減量したものについてはお代金を調整いたします。お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。


◆「タイ・バナナ」の温度帯「常温」→「冷蔵」のお知らせ◆
12月1週から【常温】温度帯に変更してお届けしてきた「タイ・バナナ」につきまして、外気温も少し高くなってきたため3月1週お届けから【冷蔵】温度帯に戻します。温度帯の変更でご不便をおかけするかも知れませんが、よりよい品質でのお届けのため、どうぞご理解をお願いいたします。なお、他のバナナに関しては、引き続き【冷蔵】温度帯でお届けいたします。


◆「龍泉洞の水 2L×6本」販売再開のお知らせ◆
昨年8月に発生しました、台風10号の洪水被害により、「龍泉洞の水 2L×6本」(岩泉産業開発:岩手県岩泉町)のお届けを休止いたしておりました。一時、「龍泉洞の水」の工場が被害を受けましたが、良好な水質で安定的にお届けできるよう復旧いたしました。つきましては、『元気くん』カタログ3月1週号より販売を再開させていただきました。再開までにお時間をいただきましたことを、お詫び申し上げます。なお、準定期品の再開時期については現時点では未定でございます。決まり次第、お知らせいたします。


◆「へんこ山田のごまふりふり(わかめ)」カタログ販促文誤りのお詫びと訂正◆
『元気くん』3月2週号に掲載の申込番号0877「へんこ山田のごまふりふり(わかめ)」について、カタログ販促文の記載内容に誤りがありました。誠に申し訳ございません。お詫びして、以下の通り訂正いたします。

誤)徳島県産わかめを使用 ⇒ 正)韓国産わかめ(加工地が徳島県)を使用


◆「有機カーネルコーン」産地名誤りのお詫びと訂正◆
『元気くん』1月4週号、2月3週号、3月3週号P8、9に掲載の「Noble House有機カーネルコーン」について、産地の表示に誤りがありました。誠に申し訳ございません。お詫びして下記の通り訂正いたします。

誤)北海道産コーン ⇒ 正)アメリカ産有機栽培コーン


◆『準定期品 北海道漁港めぐり』ちらしお届け週誤りのお詫びと訂正◆
『準定期品 北海道漁港めぐり』募集チラシ3月3週号につきまして、お届け週に誤りがございました。誠に申し訳ございません。お詫びして下記のとおり訂正いたします。

誤)3月3週(3/20~25) → 正)3月4週(3/27~4/1)
誤)5月3週(5/15~20) ⇒ 正)5月4週(5/22~27)


◆「加賀の井酒造」様、および糸魚川市被災地域への支援について◆
2017年1月5週~2月3週の間、募集させていただいた「加賀の井酒造」さま、および糸魚川市被災地域への寄付金につきましてご報告させていただきます。

【寄付の内訳】
糸魚川市への寄付     983,000円
加賀の井酒造様への寄付  1,246,000円
合計           2,229,000円


※それぞれ、各代表の方へのお渡しを予定しています。

大火災からもうすぐ3カ月となります。
糸魚川市では再建にむけ、さまざまな取り組みが続けられています。
らでぃっしゅぼーやとしては、「加賀の井酒造」様をはじめ糸魚川市の被災地域の方々に対し、少しでもお力になれるよう努めてまいります。

◆らでぃっしゅぼーや被災地支援義援金2016年の使途ご報告◆
2011年より募集させていただいております、東日本大震災の義援金につきまして、ご報告させていただきます。2016年も皆様から変わらぬご支援を賜り、下記内容でお預かりしました寄付金を配布いたしました。

【義援金寄付の内訳】
国・地方公共団体向け  1,522,000円
民間団体向け      2,999,000円
合計          4,521,000円

※国・地方公共団体向けは宮城県(東日本大震災みやぎこども育英募金)に、民間団体向けにつきましては、被災した子ども達の学習支援を中心にサポートしている「子どものエンパワメントいわて(岩手県)」に寄付いたしました。

皆様からの心よりのご支援ありがとうございました。
震災から丸6年経ちましたが、現地では、まだ復興と言い切れない現状が続いています。
また近年では熊本地震も記憶に新しく、各地各国で発生する自然災害なども無視できない状況です。
義援金の募集は今後も「忘れない」「今できること」を模索しながら継続していく予定です。

◆「放射性物質の検査結果」について◆
放射性物質の検査結果については、こちらに最新の結果とこれまでの結果を掲載しております。ご購入の際にお役立てください。


◆「東日本大震災義援金」引き続き受け付けしています◆
【応募方法】
『元気くん』注文用紙裏面下部にございます「特別欄」に下記申込番号をご記入いただき、数量の欄には口数をご記入ください。お電話でも受け付けいたします。毎週同じ番号でのお申し込みが可能となっています。

●申込番号1999(地方公共団体へ寄付)
●申込番号2000(民間団体へ寄付)
義援金一口 1,000円

会員の皆さまからおよせいただいた義援金合計 17,764,000円
(2014年3月から2017年2月25日現在)
会員の皆さまには、心よりお礼申し上げます。東日本大震災への支援活動につきましては、インターネットでもご覧いただけます。(WEBサイトからはお申込みいただけません)
※上記の件に関するご質問や義援金の「預り証」発行については、お客様サービスセンターまでご連絡ください。



ページトップに戻る